枚方 樟葉(くずは) 八幡 その痛み諦めないで

よくある質問

よくある質問

 ローリング療法の施術は痛いですか?

場所によって、痛み、くすぐったさ、として感じられる場合があります。これはその部分の血行が悪い状態であることを意味しますので、身体からの大切なシグナルです。ローリング療法では、この「痛み」や「くすぐったさ(擽感)」を取り除き、血液循環を正常化することをめざして治療していきます。しかし、実際は極力苦痛を伴わないように施術をしますので、痛かったりくすぐったい場合には、あまり我慢せずにお伝えください。

 受診の際に持っていくものはありますか?

治療の受けやすいような伸縮性のある服装(ジャージやトレーナーの上下)。フェイスタオル2枚。

 健康保険は利きますか?

申し訳ありませんが、健康保険は適用されません。治療費は初回5,500円となっております。

 治療時間はどのくらいですか?

初回は60分程度かかります。2回目からは45分前後となり、状態によっては、90分のロングコースを受けることができます。
当院では、症状の改善を目的としておりますので、部位別での施術は行なっておらず、全身施療が基本となります。どうぞご了承下さい。

 車で行きたいのですが、駐車場はありますか?

はい。治療院の目の前に駐車スペースを1台分確保しております。ただ、先に患者様がおられる場合は、先の患者様がお帰りになるまでお待ちいただくことになります。

 ローリングを受けられないのはどんな場合ですか?

発熱がある場合や、出血を伴うような怪我がある場合、ウイルスを含めた細菌性の疾患(伝染病も含む)、癌を含めた手術を要するような疾患、真っ赤に腫れているような炎症部位や化膿している部位、などがある場合は、治療をお受け頂けません。
判断が難しい場合には、ご来院の前にお電話で、ご相談ください。

 ローリング療法を受ける間隔はどれぐらいがよいのでしょうか?

ローリング療法をうけると、特に最初の頃は、くすぐったい感じがおこります。
このくすぐったさは、数回のローリングでそのときは消えますが、1回の治療で二度となくなるものではありません。したがって、初めてと2回目の間隔は、できるだけ短い方がよく、可能であれば、翌日に、最低でも1週間以内に、2回目の治療をうけた方がいいのです。
その後も、最初の頃はできるだけ間隔を短く受け続け、くすぐったさが薄れ、体の状態がよくなってくると、間隔をだんだんと長くしていきます。
そして、体の状態が完全に良くなっても、急にやめずに、定期的にうけることが、健康管理やけがの予防には大切です。

 美容にも効果があると聞いたのですが?

ローリング療法は、とくに腹筋と末梢の治療に重点を起きます。内臓についた「うっ血」を取り除く事により、内臓機能が向上し老廃物を除去、新鮮な栄養分の吸収がスムーズに行われます。また、末梢の血液循環を良くする事により全身の新陳代謝が良好になります。体の内面からの活性により美容にも効果があります。

 どんな病気に効くの?

腰痛、肩凝り、慢性疲労、スポーツ障害、自律神経失調症、生理痛、その他慢性疾患、とくに病名のない痛み、検査を受けても異常がない、病院に行っても湿布と薬を出されるだけでその治療に納得の出来ていない方。お気軽に御相談下さい。

 病気以外にも効果はあるのですか?

長年、体の不調、慢性的な痛み、どこと指摘は出来ないけれど体の調子が悪いと言った方は、交感神経緊張状態(免疫力低下)になられています。ローリング療法を施す事により副交感神経緊張状態(免疫力が優位)になられます。すなわちローリング療法を施す事により、病気の予防にもつながると考えられます。また、ローリング療法により、関節の可動域の改善が見られ、スポーツによる怪我の予防にも効果があります。

京都・八幡ローリング健康センター
〒614-8272 京都府八幡市美濃山御幸7-12
☎075(983)1431【予約制】

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional